エステの低年齢化

今、エステ通う顧客の低年齢化が進んでいると言います。
エステの利用が珍しいことではなくなり、身近な存在になった事や若いうちから美容に関心をもつ人が増えたことも大きな理由と言えるでしょう。
実際、10代のうちからエステに通う消費者も珍しくなく、中には10代にも満たない小学生以下でもエステに通い始めている子もいる程です。
しかし、全てのエステがこうした未成年の子供の施術を受け入れしている訳ではありません。
未成年者に対する扱い方は、それぞれのエステごとに異なっているのです。

例えば車の免許や喫煙・飲酒のように法律上の年齢制限がエステにあるわけではありません。
ただし多くのエステサロンでは、お店独自の年齢制限を設けているものです。
未成年者は肌も身体も成人よりもデリケートな事も多く、エステを受けることでトラブルを招いてしまうこともあるため未成年者の施術には慎重になるサロンもあるのです。

エステでの未成年者に対する対応は、主に保護者の同意を必要とするケースや保護者の同意だけではなく施術の際に付き添いが必要となるケース、そして未成年者は受け入れをしていないケースがあります。
また、通常未成年とは20歳未満のことを指しますがエステの場合は、18歳以上は大人と同じ様に扱うケースが多いようです。
しかし、18歳であっても高校生は不可などの規約があることもありますし、その他年齢制限に関してはエステごとに決まりや扱いがかなり違っているようです。
そのため、未成年者がエステへ通う場合は、始めにお店へ直接問い合わせることが一番スムーズな方法だと言えるでしょう。



~管理人注目サイト~
リフレクソロジーからフェイシャルエステまでさまざまなメニューがあるエステティックサロンです。
―> エステティックサロン